通販サイトで買うお茶や飴~通好みの逸品を~

通販

野菜を洗う

安心できる食品を口にするために

野菜を洗剤で洗うというと驚かれるかもしれませんが、野菜についた汚れや残留農薬を洗い流すために洗剤を用いることがあります。最近では野菜を洗うための専用の洗剤も登場してきています。 何故野菜を洗うようになったのかというと、戦後すぐは衛生事情が現在に比べて良くなかったため、回虫の卵や農薬を洗い流す目的で洗剤が用いられたのです。 現在では気にすることがないほどに安心できる野菜が簡単に手に入るようになりましたが、今でも輸入フルーツなどにはポストハーベスト農薬と呼ばれる防カビ剤が使用されていることも多く、発がん性などが問題視されています。 食の安全性への関心が高まる昨今では、口に入れるものだからこそ洗浄成分も化学成分を使用していないものなど、より安心して使えるものが主流になっていくと考えられます。

野菜を洗剤で洗う際の注意点

使用するものは市販されている野菜洗いようの洗剤を使うのが一番簡単な方法です。しかし、食器用洗剤でも実は野菜洗いに使えるものがあるのです。酵素や漂白剤を含まない、中性である、重金属を含まないなど、食品衛生法で定められた規格を満たす物であれば使用用途に野菜・果物の洗浄と書かれています。使えるかどうか悩んだ時はまず表示を確認してみましょう。 洗う際に注意したいポイントは残留農薬を洗い流すために野菜を洗う場合、せっかく洗ったのに洗剤の成分が残ってしまっては意味がありません。なので5分以上漬け置きしないようにし、流水なら30秒以上、桶などに水を溜めて洗う場合には2回以上水を変えるようにしてよく洗い流すようにしましょう。